本文へスキップ

産業考古学会は産業遺産(産業に関わる建築・土木・機械類など)に基づいて、それらに携わった人びとや技術文化を実証的に調査・研究する学会です。

TEL. 03-3835-2476

〒113-0034 東京都文京区湯島1-12-5 小安ビル6階 プラス・ワン気付

学会表彰功労者一覧CONCEPT

功労者表彰

産業考古学会では、産業考古学の普及・向上や、産業考古学会の発展に功績のあった方、また重要な産業遺産の調査・保存に功労のあった方(いずれも個人または団体)に対し、表彰を行っています。とくに後者の「産業遺産保存功労者」表彰は、本学会の特長を示すもので、わが国唯一の制度です。
 産業遺産を調査研究し、その保存を目指す活動は、地味で労苦の多いものですが、とかく一般の理解が得にくく、さまざまな困難を伴います。このような活動に対し学会で顕彰することが、保存に努力された方々の精神的な支えとなり、産業遺産の保存・活用 を催進する一助となることを願って、ささやかながら表彰事業を実施しています。
 表彰の手続きは、本学会の地域組織や会員が、該当する個人または団体を表彰者候補として推薦し、学会の審査を経て毎年の総会で発表します。

功労者表彰一覧(1983-2016)

認定年度 No 氏名・名称(法人格・敬称略) 在住地・所在地 表彰事由 備考
1983  1 秋葉安一 北海道札幌市 鉱業技術史と産業遺産の調査研究   
2 深海政夫 新潟県弥彦町 地場産業資料の保存収集  
1984 3 大井川鉄道 静岡県金谷町 鉄道関係資料を収集、保存、運転  
1985 4 島津製作所 京都市中京区 理化学機器展示の記念資料館設置
5 角花菊太郎 石川県珠洲市 能登の揚浜式製塩の保存
6 並河孝義 島根県安来市 たたら製鉄技法の伝承
7 森下龍雄
静岡県春野町 旧王子製紙気田工場建物の保存
8 山口 賢俊 新潟県新発田市 民俗・生産文化財の収集
1986 9 中山喜一 静岡県 水車利用製茶機資料の収集保存
10 北野道彦 千葉県流山市 利根運河の研究と保存の指針<
1987 11 青木利三郎 東京都大田区 医療機器の収集保存
12 板垣賢一郎 静岡県河津町 耐火煉瓦炉の遺跡調査保存
13 妹川矩雄 福岡県朝倉町 農業用水車の保存研究
14 田村竹男 茨城県土浦市 気象測器の収集保存  
15 中村忠幸 福岡県広川町 農業用水車の保存研究  
16 藤森安三郎 北海道札幌市 工作機械の収集保存  
17 日本鋼管
神奈川県川崎市 パイプのミニ博物館の設置  
18 日本酸素 東京都品川区 同社記念館の設置  
19 日本ペイント 東京都品川区  歴史館・明治記念館の設置
20 日立金属和鋼記念館 島根県安来市 たたら製鉄関係資料の収集保存  
1988 21 佐々木一 三重県菰野町 水車の保存と調査研究  
22 竹中工務店 兵庫県神戸市 竹中大工道具館の設置  
23 中津江村 大分県日田郡 村営地底博物館・金山資料館の展示  
1989 24 余湖一郎 東京都港区 航路標識に関する資料の保存・整備
25 藤村哲夫 名古屋市 碍子および関連資料の収集保存  
26 工藤 久 福岡県中間市 筑豊炭鉱遺跡の保存活動
27 日本ガイシ 名古屋市 碍子博物館の設置
28 工業技術博物館 埼玉県宮代町 工作機械の保存、展示活動
1990 29 高橋一郎 島根県横田町 たたら研究・保存の指導的活動
30 渡辺奎二 新潟市 黒埼町常民文化史料館の充実
31 香月徳男 福岡県久留米市 水車の保存・研究・技術の伝承
32 久慈砂鉄の会 岩手県久慈市 地域の産業遺産を伝える市民運動
33 絲原記念館 島根県横田町 伝統的産業文化の認識  
34 セキグチドールハウス 東京都葛飾区 セルロイド工業の産業遺跡保存
1991 35 中野重孝 新潟県新津市 新津市石油文化振興財団の設立
36 峯岸 清 東京都三鷹市 水車遺構の保存と公開普及
37 山浦啓栄 栃木県足利市 旧足利模範工場建家の保存  
38 学際的上総掘研究会 東京都目黒区 廃絶寸前の上総掘り技術の復活継承  
1992 39 福田孔一
群馬県下仁田町 中小坂鉄山の調査、資料収集、周知  
40 窪田宗英 東京都 日 本工業大学工業技術博物館の発意  
1993 41 野澤藤一郎 栃木県真岡市 旧下野紡績所の資料保存と調査協力
42 佐藤次郎 福島市 半田銀山遺跡の資料収集と史跡指定保存整備事業  
43 桑折町教育委員会 福島県伊達郡  
1994  44 市山幸作 宮崎県延岡市 カザレー法アンモニア合成装置遺構の保存    
45 赤煉瓦倶楽部・舞鶴 京都府舞鶴市 煉瓦建造物の調査・保存・活用  
1995 46 八幡21世紀の会
北九州市の文化財を守る会
福岡県北九州市 八幡製鉄所東田高炉遺構の保存活動
47 白井 昭
愛知県知多市 大井川鉄道における保存鉄道事業の確立  
48 三菱重工業長崎造船所史料館  長崎市 近代重工業の優れた企業博物館実現  
1996  49 飯塚一雄故人 (神奈川県) 産業考古学及び学会発展に貢献  
1997  50 赤門軽便鉄道保存会  東京都武蔵野市 尾小屋鉄道の保存  
 51 なつかしの尾小屋鉄道を守る会 石川県小松市 尾小屋鉄道の保存  
1998  52 浅井正二  横浜市鶴見区 日本工大工業技術博物館の工作機械の収集・技能の伝承  
53 柿田富造  愛知県常滑市  窯業関係産業遺産の調査・研究・保存  
1999 54 深町純亮 福岡県飯塚市  筑豊炭田の調査・研究  
55 (財)日本自転車協会  東京都港区  自転車・関連資料の収集・保存・整備  
56 カヤ興産(株)  京都府加悦町  鉄道車両・鉄道関連違蚕の保存・活用  
2000  57 富岡由夫 北海道函館市  函館地区の産業遺産の保存研究活動  
58 前場幸治 神奈川県厚木市 前場資料館を開設、大工道具の収集・保存  
59 内山弘  新潟県長岡市  長岡歯車資料館を開設、歴史的歯車の収集・保存  
2001 60 鈴木昭 東京都清瀬市  日本工大工業技術博物館建設、工作機械の収集・展示  
61 田中浩太郎 名古屋市  中部産業遺産研究会会長として活躍  
62 小野信一 岩手県釜石市  釜石市長として鉄産業産業遺産の収集・保存  
2002 63 川澄昌国 埼玉県川口市  昌国利器工匠具博物館長として,利器工匠具の収集・保存  
64 諸岡青人 千葉市  映像記録分科会の活動と、産業遺産を映像に記録  
65 菅野祥孝  北海道  「土の館」創立、北海道の農業機械遺産の保全と研究  
2003   66 亀田光三 群馬県桐生市 両毛産業遺産研究会長、地域の産業考古学を発展  
67 近藤友一郎  和船研究に多様な手法を駆使して和船を再現  
68 篠崎隆  京都府加悦町  カヤSL広場の蒸気機関車やなどの修復・保存  
 2004       69 酒井昭水  長野県丸子町 絹糸紡績資料館の創設、歴史資料の収集

 70 日下部高明  栃木県足利市  足利の繊維産業遺産の調査、保存  
 71 瀬古龍雄   新潟県新津市   鉄道関連産業遺産と地域農園芸の調査、保存  
 72 山路敏雄  岡山県日生町  瀬戸内の漁業用伝統和船や機帆船技術の継承  
 73 清水弥太郎  岡山県成羽町  岡山県備中地方の伝統水車の技術の継承  
 74 木村孝二  北海道上磯町  『男爵資料館』を運営、ロコモビルの復元  
 2005    75 岡田廣吉  岩手県宮古市  鉱山関連産業遺産の調査・研究及び保存・継承  
 76 学校法人熊本学園 理事長 北古賀勝幸 熊本市  明治期紡績工場の一部を移築・活用  
 77 旧鐘紡熊本工場病院の移築活用グループ 高木礼子・西島真理子・島崎淳子  熊本市 明治期紡績工場の病院を移築・活用  
 2008  78 赤阪鐵工所 静岡県焼津市 創業時から今日までの工作機械・エンジンを保存・展示  
 2009  79 田中春夫  岡山県笠岡市  井笠鉄道記念館館長 記念館と産業遺産を保存・継承  
 2010  80 高井宗宏  北海道  蒸気トラクターの保存、北大第2農場(モデルバーン)の整備、「土の館」創設等  
 2012  81 並木 覚  当学会繊維分科会、幹事として東京農工大学繊維博物館で機械・道具類収集保存等  
2013    82 庄谷邦幸 

桃山学院大学における産業遺産の調査研究の実施、住友銅吹所の部分保存、展示の実現、近畿産業考古学会の設立発展に寄与。  
 83 馬場永子 東京産業考古学会の設立発展に寄与。  
 84 佐々木享  愛知の産業遺跡・遺物の調査・保存をはじめ、産業遺産の保存論を理論的に研究。  
 2015  85 弥永芳子  私設博物館「弥永北海道博物館」を運営。資料収集、展示公開に功績。  
  

バナースペース

産業考古学会

〒113-0034
東京都文京区湯島1-12-5 小安ビル6階 プラス・ワン気付

TEL 03-3835-2476
FAX 03-3835-2476