本文へスキップ

産業考古学会は産業遺産(産業に関わる建築・土木・機械類など)に基づいて、それらに携わった人びとや技術文化を実証的に調査・研究する学会です。

TEL. 03-3835-2476

〒113-0034 東京都文京区湯島1-12-5 小安ビル6階 プラス・ワン気付

過去の新着情報一覧NEWS&FAQ


2017年度全国大会(名古屋)のご案内(10/20更新)

名古屋を含む中部地方は、古くからモノづくりの盛んな地域ですが、今回はその中で「伝統産業から新たな産業まで」として、繊維産業からMRJ、ロケットまで、幅広く取り上げることにしました
 大会・講演では、名古屋地区の産業や技術の変遷についても取り上げます。海上となるトヨタ産業技術記念館では、普段非公開の施設見学も計画しています。メイン・ツアーの見学先には、三重県松阪の産業遺産探訪として、伝統産業の松阪木綿の藍染めと織布の工場、資料館などを見学します。プレ・ツアーでは、国内現役唯一の跳開式可動橋で重要文化財の末広橋梁をはじめ、四日市旧港の産業遺産を見学します。
 会員・非会員にかかわらず、みなさまのご参加を心よりお待ちしています。
 詳細は逐次こちらでお知らせいたします(以下内容は、ニューズレター11号とほぼ同じ)

1日目:2017年10月27日(金)プレツアー<四日市旧港の産業遺産>
12:10~17:00頃 テーマ:四日市旧港の産業遺産 

名古屋方面からの希望者:10:00名古屋工業大学附属図書館前集合、同図書館収蔵の山本卯太郎跳開橋に関する論文と図面を見学→11:00頃同図書館出発、JR名古屋駅11:37発快速みえ7号乗車、JR四日市駅12:09到着。
全員向け行程:12:10JR関西本線「四日市駅」集合→末広橋梁(全国唯一の鉄道可動橋、国重要文化財)の開閉を見学→臨港橋(道路可動橋)→四日市旧港の潮吹き防波堤見学(人造石工法の堤防、国重要文化財)→JR四日市駅まで徒歩5km移動、路線バスにて近鉄四日市駅前へ移動、四日市公害と環境未来館見学→17:00頃近鉄「四日市駅」現地解散

2日目:2017年10月28日(土)研究発表会・講演会

会場:トヨタ産業技術記念館 ホールA(名古屋市西区則武新町4-1-35)
受付:9:30~ 開会:9:50

研究発表会(第1部・10:00~11:40)
・森 亮資「キルド鋼塊における偏析生成プロセス解明の研究」
・柘植 芳之「名古屋テレビ塔の保存資料調査のデータ入力フォーマット作成」
・伊東 孝「世界遺産評価の変遷-「遺産から文脈へ」から「保全から解釈へ」-」
・天野 武弘「鶴岡で発見された1880年製の手動式ガラ紡績機」
・大島 一朗「官営釜石製鐵所におけるレール製造計画発見とその意義」

昼食・休憩 11:40~12:20
成田副館長案内によるトヨタ産業技術記念館見学会 12:25~13:25

講演会 13:30~15:10
・鈴木 博(三菱重工(株)民間機事業部 マネージング・エキスパート)「三菱重工の航空機開発の概要 ゼロ戦からMRJ、H-IIA/Bロケットへ」
・成田 年秀(トヨタ産業技術記念館 副館長)「トヨタ産業技術記念館における煉瓦の建物、煙突基礎の保守・保存活動」

研究発表会(第2部・15:20~17:00)
・市原 猛志「鉄鉱滓煉瓦と赤煉瓦、煉瓦様構造物の相互比較について 日本における鉄鉱滓煉瓦技術に関する研究・序論」
・井上 忠惠「長野県の産業発展と産業遺産」
・二階堂 達郎、貝柄 徹「大阪湾岸臨海工業地帯の海上景観調査の中間報告」
・寺沢 安正「立花用水を利用した波多瀬発電所」
・大橋 公雄「山本工作所製作の名古屋港と四日市港の可動橋の比較検討」

懇親会(17:30~19:30)
会場・レストラン「ブリックエイジ」(トヨタ産業技術記念館内)
参加費:5000円

3日目:2017年10月29日(日)メインツアー テーマ:松阪の産業遺産探訪(定員になりました)

10:00 松阪駅南口集合、貸し切りバス乗車(定員25名、先着順)
・御絲織物工場(松阪木綿唯一の織布工場、ベルト掛け織機稼働、藍染め工房)、櫛田川突堤(石積みの河口突堤)、
・松阪もめん手織りセンター(昼食は相可高校の「高校生レストラン」弁当、希望者は手織り体験、徒歩5分前後の本居宣長旧邸宅、松阪商人の館見学)
・松阪市歴史民俗資料館(松阪木綿の歴史展示、国登録有形文化財)
・丹生鉱山跡(古代から昭和まで続いた水銀鉱山、奈良大仏の金メッキに使用)、立梅用水井堰(灌漑と発電併用、国登録有形文化財、世界灌漑施設遺産登録)。
15:15 松阪駅解散予定。

全国大会問合せ先

 産業考古学会2017年度全国大会実行委員会事務局 石田正治
 ishida96Atcp-ip.or.jp(送信の際は、Aを@に替えてください)

○大会参加費・参加申込方法

産業考古学会会員及び中部産業遺産研究会会員、トヨタ産業技術記念館関係者:1000円
会員外・共催関係者以外2000円
28日弁当代:1000円
27日プレツアー参加費:500円(資料代)、プレツアー交通費実費は各自負担
29日メインツアー参加費:3500円(資料代・弁当代・入館料含む、松阪駅までの交通費は各自負担)
参加申込締切日:2017年10月10日(火)メインツアー以外は当日参加可能です。
参加希望者は、ニューズレター同封の郵便振替用紙に必要事項を記入の上、上記期限までにお振り込みください

FAX、郵便でのお申込は下記のようにお願いします。
1.任意の用紙に「産業考古学会2017年度全国大会参加希望」と明記の上、
2.住所、氏名、生年月日、連絡先、メールアドレス を用紙に明記下さい。
3.以下から申し込み内容を以下から選択し、用紙にその旨記入して下さい。
 ・ 全国大会 ・大会当日(10/28)の昼食(弁当) ・懇親会
 ・プレ・ツアー(10/27) ・メイン・ツアー(10/29)
4.郵送(FAX)後、直ちに以下口座へ総額を振り込んで下さい。
  郵便振替口座番号:00170-1-418882  口座名:産業考古学会
5.入金をもって参加申込とします。なお、申込後の返金には応じかねます。
6.郵送・PCメール先 〒440-0093 愛知県豊橋市横須賀町元屋敷14 産業考古学会全国大会実行委員会事務局 石田正治方  ishida96Atcp-ip.or.jp(送信の際は、Aを@に替えてください)

第41回総会(2017年)案内

第41回総会を埼玉県八潮市にて、下記の要領で開催します。
産業考古学会会長 伊東 孝

プレ・ツアー(日時:2017年5月19日(金)13:00~17:00頃)
12:45 つくばエクスプレス八潮駅北口集合 昼食を済ませてお集まり下さい。

主な見学場所

八潮市立潮止小学校-潮止村長・田中四一郎像-おもしろ消しゴム・イワコー工場(世界的に有名な消しゴムを製造)-足立区立郷土博物館(特別展/千ヶ崎悌六-与謝野晶子を支えた足立の歌人画家-田中四一郎の子)-三菱製紙中川工場(金町製瓦の煉瓦が使われている。大正6年築)-八潮市に残る煉瓦造りの蔵-東武鉄道スカイツリーライン(伊勢崎線)草加駅
※マイクロバスで回ります
参加費1,500円(資料代、保険含む)

総会・研究発表  5月20日(土)受付9:30

会場:やしお生涯楽習館(埼玉県八潮市大字鶴ヶ曽根420番地2)
行き方……(1).草加駅・東口1番のりば八潮駅南口行き(木曽根経由)または八潮駅北口行き(八潮市役所経由)バス15分 「やしお生涯楽習館」下車、(2).八潮駅・南口2番のりば草加駅東口行き(木曽根経由)または北口1番のりば草加駅東口行き(八潮市役所経由)バス15分 「やしお生涯楽習館」下車※本数が少ないのでご注意ください。

総会  9:50~11:40

会長挨拶
2016年度事業報告、決算案、監査報告
2017年度事業計画、予算案、審議
功労者表彰 2件(推薦産業遺産に関しては、今回該当分無し)

昼食休憩/評議員総会 11:40~12:30

(評議員総会実施) 

【特別展示】神輿と大工道具(昼間工務店協力、解説:昼間照義氏) 12:30~12:50
基調報告  12:50~14:50

その1:現地報告
I.「歴史を生かしたまちづくり―八潮市の地域資源を生かす―」昼間良次(「八潮の地名から学ぶ会」事務局長)
II.「旧潮止揚水機場の意義と価値」伊東 孝(会長)
その2:「産業遺産のガイドライン」清水憲一(理事)

研究発表 15:00~16:40

1)市原猛志「大学施設の保存活用に係る審議決定のプロセスと主要因に関する考察~九州大学西新外国人教師宿舎第3号棟を例にして~」
2)天野武弘「人造石(長七たたき)構造物の修復工事について」
3)山田大隆「日本の鉄筋コンクリ-ト工学先駆者、十川嘉太郎・中村鎭の台湾、北海道での事績について」
4)小西伸彦 「帯江鉱山煉瓦造煙突の遺構に関する考察」
5)三田村けんいち「ボタ山・竪坑櫓・運炭鉄道-志免炭鉱の遺産はどこから眺めるべきか?-」

大会参加費

登録費2,000円、学生1,000円(会員・非会員とも)、非会員2,500円(予稿集含む)、昼食1,000円(希望者のみ、飲物つき)

情報交換会 18:00~20:00(会費5,000円)

会場: 「埼玉屋旅館」草加駅から徒歩8分(会場から各自バスで移動)


見学会 バスツアー
5月21日(日)8:45~17:30  集合:8:45草加駅東口ロータリー(丸井前喫煙スペース付近)

主な見学場所(解説者:遠藤忠氏、昼間良次氏)

甚左衛門堰(草加市・県指定文化財)-和井田家住宅(八潮市・国重文)-旧潮止揚水機場の取壊し工事現場(八潮市)-埼玉県営大場川マリーナ(車窓:八潮市/金町製瓦-後の日本煉瓦製造 潮止工場跡地)-弐郷半領猿又閘門(三郷市/金町製瓦の煉瓦が使われている)-河鍋暁斎記念美術館(蕨市/ジョサイア・コンドルが絵師として暁斎に弟子入りし、画号・暁英をもらう)-時間があれば旧田中家住宅(川口市・国登録有形文化財/和洋折衷した大正の煉瓦館)-16:30頃JR京浜東北線川口駅着予定。そのあと草加駅、八潮駅へお送りします。
※貸し切りバスで回ります。

見学会参加費

5,000円(バス代、昼食・飲物代、資料代、保険含む)

申込み方法

4月30日までに154号添付の郵便払込票に必要事項を記入して郵便局より送金してください。送金をもって申し込みといたします。送金後キャンセルとなった場合、返金はいたしません。
口座番号:00170-1-418882 口座名:産業考古学会
*申し込みが済んでいない方は至急お申し込みください。見学会も若干の余裕があります。

総会実行委員会

主催:産業考古学会 共催:八潮の地名から学ぶ会
実行委員会/実行委員長:金森正夫(八潮の地名から学ぶ会 会長代行)
実行委員:秋山憲禮、内海孝幸、遠藤 忠、昼間良次、伊東 孝、北野芳子、中川 洋
担当理事:吉田喜一

学会創立40周年記念事業募金のお願い

学会員各位
産業考古学会会長 伊東 孝
今年度、学会創立40周年をむかえました。5月の総会の事業計画でご承認いただいたように、創立40周年記念事業募金をお願いすることとなりました。
理事会で検討した使用目的は以下の通りです。
➀「近代化遺産」シリーズ講演会
➁産業景観100選選考
➂論文データベースの作成と公開
④都道府県図書館と主要大学への献本事業
⑤「推薦産業遺産」の銘鈑のデザイン料など
目標額は100万円とします。各企画への分配額等は理事会で議論して決定させていただきます。来年3月末を第一回締め切りとさせていただきます。
募金された方へ『日本の近代を開いた産業遺産』、『近代化遺産シリーズ講演集』(仮称)の冊子をお送りします。
会員各位におかれましては上記趣旨をご理解いただき、募金にご応募いただきますようお願い申し上げます。
◎会員及び個人     1口   5,000円 1口以上
◎賛助会員及び団体   1口   30,000円 1口以上
送金は郵便振替でお願いいたします。
口座記号番号:00170-1-418882 産業考古学会
通信欄に「40周年記念募金」とお書き添えください。
領収書を必要とされる方は振込用紙にその旨記してください。
2017年3月31日現在、92口で755,000円の募金がありました。経済状況が芳しくない中ではありますが、是非ともよろしくお願いいたします。

産業考古学会推薦産業遺産と功労者表彰の候補募集

第41回総会(2017年度)で発表する『産業考古学会推薦産業遺産』と『功労者表彰』の候補を、次の要領で募集いたします。会員の積極的なご応募をお待ちしております。

◆産業考古学会推薦産業遺産

保存の価値ありと認められる重要な産業遺産で、国・地方自治体等の文化財指定を受けていないもの
推薦産業遺産申請用紙の裏面の記載内容で「産業遺産としての評価・推薦理由」について、
1. 歴史的背景、
2. 社会的価値、
3. 技術的価値、
4. 類似的な遺産の有無・比較
の4点についてまとめていただきます。
推薦産業遺産については学会誌、ニューズレターに掲載されたもの、大会、総会で報告されたものを審査の対象とする。
◆功労者表彰
次の各項目のいずれかに該当する方 (個人または団体)
1)産業遺産の調査・保存に顕著な功労があった方
2)産業考古学の発展に顕著な功労があった方
3)学会発展に功労があった方(財政的援助等により)
功労者については産業遺産に貢献したことを学会誌やニューズレターに報告及び短信などで紹介したものとする。
◆応募方法:申請用紙に必要事項を記入し、学会事務局あてに郵送または電子メール(添付ファイル)で、期限内に到着するようお送りください。
◆締切:2017年1月14日(土)必着
◆申請用紙:このサイトの該当するコーナーからダウンロードするか、学会事務局あてに請求してください。

2016年度全国大会(近畿大会)のご案内

2016年度全国大会実行委員会

 琵琶湖疏水は、近年、観光資源として脚光を浴び、また重要文化的景観として認定されるなど、新たな進展がありました。このため、大会・講演とメイン・ツアーで取り上げることにしました。大会では、この他、産業遺産についての「ガイドライン」や、新情報技術の産業遺産への応用についても取り上げます。メイン・ツアーの見学先には、同疏水が担った主な機能のうち、上下水道と電力供給に関連する施設や遺構、および同疏水を利用した南禅寺界隈別荘庭園のひとつも見学します。国やお雇い外国人に頼らず、地方および日本人のみの力で施工され、京都近代化の道を切り開いた同疏水の価値を再確認します。 プレ・ツアーでは、わが国の近代的治水事業の創始の地を上流にもち、下流域での大阪港築港を通じて、大阪の工業化に大きな貢献をした淀川水系の治水事業を代表する毛馬水門を見学します。
みなさまのご参加を心からお待ちしています。

プレ・ツアー(13:00~17:00頃)
11月4日(金) 13:00集合(阪急千里線「柴島」駅)昼食を済ませてお集まり下さい。

テーマ:淀川水系の治水事業

主な見学場所:毛馬第一閘門(重要文化財、1907(明治40)年竣工)、洗堰(重要文化財1910(明治43)年竣工)、毛馬排水機場(内部見学)、その他(沖野忠雄の胸像、閘門開閉機、眼鏡橋、係船環、毛馬の残念石)など。 見学後、毛馬桜之宮公園(大阪市水道発祥の地)を経てJR環状線「桜ノ宮駅」で解散。
全行程を徒歩で移動。
参加費:500円(資料代)

研究発表大会・講演会  11月5日(土)10:00~17:00 受付 9:30
共催:大手前大学史学研究所

<会 場> 大手前大学・さくら夙川キャンパス(C20教室)
(兵庫県西宮市御茶家所町 6-42 Tel:0798-34- 6331代表)
(最寄り駅はJR「さくら夙川駅」のほか、阪神本線「香櫨園」駅,阪急神戸線「夙川駅」。いずれの駅からも徒歩10分以内、タクシーを利用される方は阪急「夙川駅」が便利です。なお、車での来校はお控え下さい。)

研究発表(第1部) 10:00~11:00


・平井健文 「日本における産業遺産の真正性の構築プロセスに関する研究 - 産業遺産に対する社会的関心の増大を考察する手がかりとして」
・森 亮資 「戦前・戦中期の日本における写真レンズ開発 -上代 (かじろ) 光学研究所の技術開発を例に-」

講演(第1部)11:10~12:10

テー② ・西村正三氏((株)計測リサーチコンサルタント) 「産業遺産への3Dレーザ及びICT技術の適用可能性について-軍艦島、石見銀山(清水谷製錬所跡)ほか-」
講演後、大手前大学史学研究所の施設見学(レーザー3次元計測装置など)

昼食・休憩   12:10~13:20
講演(第2部) 13:20~14:20

テーマ:琵琶湖疏水を中心とする京都・岡崎の文化的景観について(仮)
講師:石川祐一氏(京都市文化市民局文化財保護課)

研究発表(第2部) 14:40~15:40

・天野武弘 「ガラ紡機の保存と活用 -ガラ紡機の移設を事例として-」
・大島一朗 「中国における産業遺産の保存活用 - “大連銀河鐵道園”に向けて」

研究発表(第3部) 16:00~17:00

・中山嘉彦 「琵琶湖疏水の所産 -京都電気鉄道の開業-」
・伊東 孝 「淺野造船所製作の現存橋梁と銘鈑調査」

大会参加費

会員(近畿も含む)・大手前大学関係者 1,500 円、 学生 1,000 円、会員・大手前大学関係者以外 2,000円
弁当代(11月5日分) 1,000 円

懇親会 11月5日(土)17:30~19:30  参加費 5,000円

<会 場> 大手前大学・学生食堂


メイン・ツアー
11月6日(日)9:10~16:30頃解散  京都市営地下鉄「蹴上駅」・2番出入口 9:00集合

テーマ:琵琶湖疏水の探訪

主な見学先と行程:・関西電力株式会社・蹴上発電所の見学(人数が40名を超える場合は先着順、また人数によっては2グループに分けての見学になります。)
・蹴上浄水場の見学:本館会議室にて、配水池工事・曳家工法に関するDVDの観賞、同浄水場・第1高区配水池工事現場(流入弁室等)の見学、会議室にて昼食を摂った後、退場。
・琵琶湖疏水記念館・インクライン関連施設の見学 ・無鄰菴(旧山縣有朋別邸)の見学
見学終了(16:00頃) 後、平安神宮前、竹中精麦所水車水路跡を経由して京都市営地下鉄「東山」駅へ向かい、同駅にて16:30頃解散予定。
参加費:2,000 円(資料代・弁当代・入館料を含む)
解説:白木正俊氏(所属:京都大学大学院文学研究科)

参加申込みについて

参加を希望される方は、住所、氏名、生年月日、連絡先、メールアドレスを明記のうえ、
「研究発表大会」、「24日昼食」、「懇親会」、「プレ・ツアー」、「メイン・ツアー」
への出欠を記載した用紙を下記宛先に郵送・FAXの後、直ちに総額を振り込んで下さい。
入金をもって参加申込とします。 また申込後の返金には応じかねます。
郵便振替 00170-1-418882
参加申込先 近畿産業考古学会事務局(近畿大会実行委員会)
〒564-8511 大阪府吹田市岸部南2丁目36番1号 大阪学院大学 経済学部 中山嘉彦研究室気付
Fax:06-6382-4363(代)E-mail:kinias-ecAnifty.com (送信の際は、Aを@に替えてください)
申込締切日:10月14日(金)

宿泊について【事前注意事項】

京都市内は観光シーズンで団体客が多く、予約が難しい。大会やプレ見学会に参加される方は、大阪市内の「新大阪駅」・「大阪駅」、近郊の「尼崎駅」近辺に宿泊されると便利です。大会とメイン見学会に参加される方は、上記の駅や京都寄りのJR「高槻駅」など「新快速」停車駅近辺に宿泊すると便利です。

その他

全国大会会場でパネル等の展示、書籍等の販売、資料の配布を希望される場合は、事前に実行委員会 にご相談ください。

「谷中と、リボンと、ある男」展開催

日時:2016年9月2日(金)~12日(月)(ただし、7日(水)は定休日)
   月~土 12:00~23:00/日・祝 12:00~20:00
場所:古書ほうろう(文京区千駄木3-25-5)電話:03-3824-3388 http://horo.bz/
主催:谷中のこ屋根会 http://nokoyane.com/(月刊「のこぎり屋根」準備サイト)
2016年9月4日(日)、11日(日)は15:00~16:00にトークイベント、終了後にはリボン工場跡地見学を企画しています。
詳しくはこちらをご覧ください。(「月刊のこぎり屋根」ブログへのリンク)

後援イベント「姫路モノレール開場50周年シンポジウム」開催

日時:2016年9月22日(木・祝)13:00~15:30
場所:姫路市文化センター小ホール(姫路市西延末426番地1)
入場料:無料
・基調講演:岡田昌彰(近畿大学理工学部社会環境工学科教授)
・パネリスト:田口由加子(旧神岡鉄道レールマウンテンバイク事務局)
       石田東生(筑波大学大学院システム情報工学研究科教授)
       斉藤雪乃(鉄道タレント・読売テレビ「す・またん!」他出演中)
       石見利勝(姫路市長)
・コーディネータ:市原猛志(九州大学百年史編集室助教)
詳しくはこちらをご覧ください。(姫路市手柄山交流ステーションへのリンク)

第40回(2016年)総会のご案内

産業考古学会会長 伊東 孝

第40回総会を下記により開催しますので、ご参加ください。

【第1日】総会・研究発表  5月21日(土)受付9:30

会場:会場:横浜みなと博物館日本丸訓練センター
 *JR京浜東北・根岸線/横浜市営地下鉄ブルーライン 桜木町駅から徒歩5分(本館の手前)

総会 10:00~11:00

2015年度事業報告、決算案、監査報告
2016年度事業計画、予算案、審議
学会推薦産業遺産の認定 

11:00~12:00 講演会

 志澤政勝氏「横浜大桟橋のスクリューパイル(螺旋杭)について」

昼食休憩/評議員総会 12:00~13:00

(評議員総会実施) 

みなと博物館・日本丸見学会 13:00~14:30
研究発表 14:30~16:50 ※当初発表と順番が変わりました。

1)市原猛志「福岡県における中村式鉄筋コンクリートブロック構造物の普及に関する考察」
2)若村国夫、小林祥一、中山理早、橋村友哉「旧川崎造船所(現・川崎重工神戸工場)1号乾ドック埋め立て作業と築造石材の産地」
3)大絵晃世「都市の変容のなかの三原橋-銀座でのフィールドワークから、利活用へ」
4)粟野宏「鉄道遺産観光としての『南東北ローカル三線旅企画』の試み」
5)三田村けんいち「Google Earth を活用した産業遺構の探索 -英国の鉄道廃線を事例に」
6)山田大隆「19世紀リール市ルーべ地区繊維とノール・パドカレー地区石炭産業の英独仏比較技術史-16 th TICCIHリール国際会議の参加経験から」
7)天野武弘「WGのガイドライン策定における産業遺産の評価基準の検証 -ガラ紡績機を例に」

大会参加費

登録費2,000円、学生1,000円、非会員3,000円(予稿集含む)、昼食1,000円(希望者のみ、飲物つき)

懇親会 17:30~19:30(会費5,000円)

会場未定 


【第2日】見学会
5月22日(日)9:15 ~16:30  集合:京浜急行線金沢八景駅(全列車停車)改札前 (改札は一か所です)

テーマ:みなと横浜の産業遺産めぐり

主な見学地:野島/伊藤博文別邸・海軍掩体壕跡-長浜検疫所・野口英世記念館-コットンハーバー/浅野造船所ドック跡・神奈川台場跡-第2代横浜駅遺構-霞橋(旧江ヶ崎跨線橋)-象の鼻地区(開港時の港湾遺跡)
(貸切りバスで見学)

見学会参加費

5,000 円(保険、資料代、昼食・飲物代含む)

申込み方法

153号添付の郵便払込票に必要事項を記入して郵便局より送金してください。送金をもって申し込みといたします。送金後キャンセルとなった場合、返金はいたしません。
口座番号:00170-1-418882 口座名:産業考古学会
*申し込みが済んでいない方は至急お申し込みください。見学会も若干の余裕があります。

総会実行委員会

委員長:志澤政勝 委員:伊東孝、長谷川雅康、秋葉健、北野芳子、横山孝男、原田喬
担当理事:中川洋

第39回(2015年)総会のご案内

産業考古学会会長 伊東 孝

第39回総会を下記により開催しますので、ご参加ください。(詳細は追補版をご覧ください)

【第1日】総会・研究発表  5月23日(土)受付9:30

会場:東京農工大学科学博物館(JR中央線東小金井駅から徒歩15分)

総会 10:00~11:00

2014年度事業報告、決算案、監査報告
2015年度事業計画、予算案、審議
学会推薦産業遺産の認定、功労者表彰 

11:00~12:00 講演会

 玉川寛治氏「(仮)最近の発見・動向から産業考古学研究の原点を考える」

昼食休憩 12:00~13:00

(評議員総会実施) 

科学博物館見学 13:00~14:30
研究発表 14:30~16:50

1)権上かおる,山﨑範子,真鍋雅信,吉田喜一「東京台東区谷中の細幅織物産業関連資料調査」
2)小寺次郎「芸術家岡本太郎の遺産・翼型屋根のアトリエ住居」
3)石関正典「(仮)富岡製糸場見学者の観光動向と絹産業遺産の保存・活性化のあり方」
4)秋葉健「台湾における産業遺産を利用した地域マーケティングの一事例〜雲林県西螺鎮における醤油産業の事例から〜
5)四方田雅史「上海・青島の紡織工場遺産の保全と利活用―在華紡の事例を中心に」
6)山田大隆「イコモス第18回国際会議(フィレンツエ市)のテーマ報告ISCに見る景観保存の思想と特徴―国際会議の参加経験から」
7) 平井健文「“文化的考古学”としての産業考古学の可能性についての試論―産業遺産の真正性の変容に見る社会構造と時代性」

大会参加費

登録費2,000円、学生1,000円、非会員3,000円(予稿集含む)、昼食1,000円(希望者のみ、飲物つき)

懇親会 17:30~19:30(会費5,000円)

東小金井駅周辺(詳細未定) 


【第2日】見学会
5月24日(日)9:00 ~16:00  JR京浜東北線王子駅北口改札出て右手(東側)バスターミナル

テーマ:東京・城北地区の産業遺産を歩く

主な見学地:王子・軍用軽便線遺構―旧醸造試験所・旧鹿島紡績関係遺産―十条・旧軍施設遺構―板橋・旧陸軍火薬廠遺構・圧磨機圧輪記念碑など(*全行程徒歩で回ります)

見学会参加費

2,000 円(含資料代)、昼食各自。

申込み方法

4月22日までに本誌添付の郵便振替票に必要事項を記入して郵便局より送金してください。送金をもって申し込みといたします。送金後キャンセルとなった場合、予稿集をお送りし返金はいたしません。

総会実行委員会

委員長:玉川寛治 委員:秋葉健、横山孝男、原田喬、担当理事:中川 洋

2015年度全国大会(柏崎市)のご案内

2015 年度全国大会実行委員会あいさつ

 柏崎市のイメージとしてまず浮かぶのは、原発のある町である。しかし、実際は近世から近代に至る、エネルギーを中心とした近代産業の町であった。そのはじまりから生成・発展、そして今日に至る流れを、遺構や資料、稼働中の天然ガス施設などからみることができる。
 近世から近代に至るエネルギー産業の推移を、地方都市である柏崎に焦点をあてることによって、大都市中心の研究ではみえてこない産業遺産の価値や魅力を、全国的な視点から探りたい。そうすることで、柏崎市の産業遺産にあらたな視座が与えられ、まちの活性化の一助になれば幸いである。 みなさまのご参加を心からお待ちしています。

研究発表大会  10月24日(土)10:00~17:00 受付9:30

<会 場> 柏崎市立図書館(ソフィアセンター:0257-22-2928・JR柏崎駅より徒歩15分(車5分)循環バスあり

研究発表(第1部)10:00~12:30

・権上かおる/山崎範子/真鍋雅信/吉田喜一  東京台東区谷中細幅織物工場所有リボン現品調査
・小関栄助/横山孝男  江川三郎八の生い立ちと福島県内での業績
・大絵晃世 三原橋の歴史的・文化的価値
・萩原豊彦 新潟の石油輸送と信越本線(仮)  

シンポジウム 13:30~15:30

テーマ:「柏崎の産業遺産~価値と魅力を探る~」
コーディネーター :伊東孝氏(当学会会長/日本大学上席研究員)
パネリスト:田邊洋夫氏(JR鯨波駅名誉駅長)
      高橋深雪氏(柏崎市都市政策課)
      原田喬氏(当学会理事)
      外一名交渉中。

研究発表(第2部) 16:00~17:00

・寺沢安正 名古屋の都市づくりと火力発電所
・天野武弘 機械遺産の動態保存のガイドライン試案

大会参加費

会員2,000 円、学生1,000 円、会員外3,000 円 (柏崎市民は大会参加費が無料)
24日昼食1,000 円(弁当、お茶付)

懇親会 18:00~20:00 参加費 5,000 円

<会 場> 「シーユース雷音」 (柏崎市西港町12-11、0257-22-5740) 


プレ見学会(定員20名、一般参加者も募集)
10 月23 日(金)12:00~17:00 JR柏崎駅前11:40集合

テーマ:産業道路としての北国街道見学

主な見学場所:宮川神社、椎谷地区、出雲崎石油記念館など(*昼食を済ませてお集まりください)
解説:高橋深雪氏(柏崎市都市政策課)

プレ見学会参加費

4,000 円(含資料・バス・保険代)

見学会(定員40名、一般参加者も募集)
10 月25 日(日)9:30~17:30 JR柏崎駅前9:15集合

テーマ:道路と鉄道が繫ぐ近代化と産業の変遷

主な見学地:柏崎駅周辺石油関連遺産、柏崎市立博物館、萩ノ島の環状集落、米山地区・笠島地区の街道・鉄道遺産、解散は柏崎駅前
解説:高橋深雪氏(柏崎市都市政策課) 田邊洋夫氏(JR鯨波駅名誉駅長)

見学会参加費

6,000 円(含資料・昼食・バス・保険代)

申込み方法

参加を希望される方は、産業考古学会ニューズレター5号に同封の郵便振替用紙に必要事項を記入の上、期限までに振り込んで下さい。
会員外の方は、産業考古学会柏崎大会実行委員会(東京都文京区湯島1-12-5小安ビル6F(株)プラスワン気付 FAX:03-3835-2476)にお問合せください。


バナースペース

産業考古学会

〒113-0034
東京都文京区湯島1-12-5 小安ビル6階 プラス・ワン気付

TEL 03-3835-2476
FAX 03-3835-2476