本文へスキップ

産業遺産学会(旧称:産業考古学会)は産業遺産(産業に関わる建築・土木・機械類など)に基づいて、それらに携わった人びとや技術文化を実証的に調査・研究する学会です。

TEL:03-3551-9891

〒104-0033 東京都中央区新川2-22-4 株式会社共立 気付

概要・沿革CONCEPT

はじめに−これまでの産業遺産研究の進化と発展

 2020年(令和2)4月、産業考古学会は、産業遺産学会と改名しました。
 1977年(昭和52)2月に産業考古学会が創立された当時は、産業遺産に対する社会の認識が薄く、多くの産業遺産は顧みられることもなく消失していきました。
 その後、1990年には文化庁が近代化遺産総合調査を開始し、1992年にはわが国も世界遺産条約を批准、1994年には世界遺産委員会からグローバル・ストラテジー(正式名称「世界遺産一覧表における不均衡の是正及び代表性・信頼性の確保のためのグローバル・ストラテジー」)が発表され、産業遺産に対する国際的な関心が集まるようになりました。
 この間、産業遺産研究の進化・発展には、大きなものがあります。2003年(平成15)のTICCIH国際会議では、ニジニー・タギール憲章が採択され、有形の産業遺産だけでなく、無形の産業遺産も大切であると警鐘をならしました。あわせて重要な産業遺産については、ヴェニス憲章に則して、保護・保全されるとともに利活用なされるべきであると宣言しました。建築や都市計画と同様、産業遺産の保護・保全そして利活用も、ヴェニス憲章の精神に基づくことを宣言した画期的な憲章でした。
 これによって建築や都市計画の専門家の集まりであるICOMOSとの共通認識が醸成され、2011年(平成23)のICOMOS-TICCIHの共同原則へと結びつきます。
 すでにグローバル・ストラテジーでも触れられていたことですが、いまや遺産研究や対象は、文化の多様性を反映する狙いから、建築や都市計画、産業遺産を超えて、あらゆる種類や分野に及んでいます。
 ICOMOSは、世界文化遺産の意義や価値を世界遺産委員会に諮問するNGO組織であり、TICCHは産業遺産に関するICOMOSの助言組織になっています。最近では、ICOMOS内部に産業遺産の国際科学委員会を設立する準備もなされています。
 世界文化遺産は、有形物を対象にしていますが、TICCIHが対象とするモノは、前述したように有形・無形のすべてのモノです。

産業遺産学会がめざすもの

 産業考古学会から産業遺産学会への改名を機に、単なる名称変更ではなく、学会自体もこの間の産業遺産研究の進化・発展を反映させたいと思います。
 産業遺産研究の対象は、繰り返しになりますが、産業に関わる有形・無形のすべてのモノです。ICOMOSでは世界各国に「20世紀遺産20選」の選定をうながし、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」では、現役の稼働資産までも対象にしました。また「築50年」を文化財の目安にしていた文化庁も、近現代建造物の調査研究をおこない、調査対象には2018年(平成30)のモノも含まれています。古いものからあたらしいモノまで、時代の制限もなくなったといってよいのです。
 また研究方法論は、いまや遺伝子解析やAI、量子コンピュータの時代に突入しています。方法論の進化は今後も続きます。研究方法は、モノの内容を理解するのに最も適した調査・解析方法を駆使すればよいのです。
 産業考古学会の創立当初は、保存すること自体が大きな目標でしたが、いまや産業遺産をいかに利活用するか、その方法論も求められています。具体的には計画論や設計論、運営・管理論、マーケット論などの学問と連動した産業遺産研究です。もちろん現実には、保存問題もあちこちで起きています。産業遺産の保存運動を支援する学会創立当初の理念は、他の学会にはみられない精神です。これを大切にすることに、変りはありません。 ここ数年、学会では「社会に対する発信力」「学会活動の見える化」活動を強化してきました。学会誌の充実、ホームページの刷新、功労者・推薦産業遺産の発掘、また銘鈑製作などです。今後ともより一層の努力を重ねて参ります。
 今日の産業遺産学会の力量では、上記のすべての領域に同質均等なレベルで研究や実態面で対応することは不可能ですが、研究面では「新領域」などの分野をつくり、また実態面では多くの人たちの英知を結集して、あたらしい課題や問題について果敢に挑戦していきたいと思います。これがうまくいくか否かは、学会員みなさまの協力が必要であるとともに、さらなる学会の発展を期待するものです。これらの学会活動を通じて、よりよい社会を構築しようではありませんか。

会長挨拶

産業遺産学会会長 横山悦生

  本学会はまもなく創立45年を迎えます。私自身がこの学会に入会したのは、1990年頃だったように記憶していますが、当時は本の世界でしか存じあげなかった先生方とじかに接することができ、とても感動した記憶があります。創設時には800名近く会員がいたと聞いておりますが、現在では300名をきり、このまま放置すれば学会が自然消滅して行く危惧をいだきました。それで、迷うことなく会長に就任いたしました。それまでに理事長を6年間務めましたが、後半の3年間は改革を進め、正常な運営を行うべく、大鉈を振るってきたところです。「理事たるもの私心を捨て学会のために尽すべし」と考え、そうでない理事には交代いただき、また理事の任期制も導入して常に若返りしていくような仕組みを創出し、理事会を常に活性化するために努力してきました。創立からの「産業考古学会」という名称を「産業遺産学会」に改名し、事務局の委託先を変更し(これらのこと自体も大変でしたが)、財政的には会員が二百数十名になっても長期的に維持できる体制をつくりました。
 時代はデジタル化の大きなうねりの中にあります。本学会の運営にもICTを本格的に導入し、学会活動は大きく変わりつつあります。例えば、以前は年4、5回の理事会をもつことが精一杯でしたが、zoomを活用することにより、毎月1回の定例理事会を開催し、年2回はできるだけ対面で理事会を行うことも追求しているところです。近い将来zoomによる公開学習会(会員であれば誰でも参加できる会)を開催します。学会誌の充実度も大きく変えます。また、ニューズレターに加え、新たにメルマガを発行することで、本学会の取り組みをより多方面の方々にお知りいただくことができるようになると期待しています。会員の皆様とともに本学会を発展させていくことはもちろん、まだ本学会に入会されていない方もぜひ本学会にご入会いただき、ともに楽しく学びつつ、ともに歩んで行かれることを切に願っております。

役員(2021〜2023年度)

会長

 横山悦生

理事長

 小西伸彦

理事(2021年6月〜)

 総務・財務  尾ア徹也(総務)、大島一朗(財務)
 企画     大島一朗、秋葉健
 編集     市川浩(学会誌)、時里奉明、馬渕浩一(ニューズレター)、中山嘉彦
 組織     中山嘉彦、秋葉健、市原猛志、市川浩、
        石田真弥、尾ア徹也、時里奉明、橋本英樹
 WEB・広報 橋本英樹(広報)、秋葉健(システム)、石田真弥
 国際     市原猛志、時里奉明
 研究     時里奉明、中山嘉彦、石田真弥、市川浩、馬渕浩一
        ※太字下線は責任者

監査

 後藤充伯、高木翔子

沿革

1977年2月12日 
創立総会・早稲田大学大隈講堂(東京都)、会長谷口吉郎
1978年4月1日 
第2回総会・東京農工大学繊維博物館(東京都小金井市)
1979年8月4日 
第3回総会・国立科学博物館(東京都)、会長山崎俊雄に交代
1980年7月5日 
第4回総会・東京大学生産技術研究所(東京都)
1981年4月19日 
第5回総会・国立科学博物館(東京都)
1981年8月26日 
1981年度全国大会・北海道開拓記念館(札幌市)
1982年4月18日 
第6回総会・東京農工大学繊維博物館(東京都小金井市)
1982年10月9日
1982年度全国大会・新潟大学商業短期大学(新潟市)
1983年4月17日
第7回総会・東京農工大学繊維博物館(東京都小金井市)
1983年8月27日
1983年度全国大会・大阪府立文化情報センター(大阪市)
1984年3月31日
第8回総会・玉川大学工学部(東京都町田市)
1984年8月28日
1984年度全国大会・横田町コミュニテイ・センター(島根県横田町)
1985年3月23日
第9回総会・東京工業大学(東京都)
1985年8月1日
1985年度全国大会・釜石市民文化会館(岩手県釜石市)
1986年5月31日
第10回総会・東京農工大学農学部(東京都府中市)
1986年11月24日
1986年度全国大会・刈谷市民会館(愛知県刈谷市)
1987年5月30日
第11回総会・早稲田大学(東京都)、会長内田星美に交代
1987年11月14日
1987年度全国大会・飯塚市歴史資料館(福岡県飯塚市)
1988年5月28日
第12回総会・関東学院大学(神奈川県横浜市)
1988年10月23日
1988年度全国大会・日立市郷土博物館(茨城県日立市)
1989年5月27日
第13回総会・専修大学神田校舎(東京都)、会長金子六郎に交代
1989年8月27日
1989年度全国大会・北海道開拓記念館(札幌市)
1990年5月27日
第14回総会・たばこと塩の博物館(東京都)
1990年10月7日
1990年度全国大会・大阪府立大学(大阪府堺市)
1991年5月26日
第15回総会・国立科学博物館(東京都)
1991年10月19日
1991年度全国大会・みやぎ蔵王こけし館(宮城県蔵王町)
1992年5月30日
第16回総会・日本工業大学(埼玉県宮代町)
1992年11月8日
1992年度全国大会・広島県立歴史博物館(広島県福山市)
1993年5月29日
第17回総会・ 江戸東京博物館(東京都)、会長黒岩俊郎に交代
1993年11月14日
1993年度全国大会・大牟田文化会館(福岡県大牟田市)
1994年5月28日
第18回総会・ 上智大学(東京都)
1994年10月29日
1994年度全国大会・ 八戸プラザホテル(青森県八戸市)
1995年5月27日
第19回総会・千葉県立現代産業科学館(千葉県市川市)、会長前田清志に交代
1995年10月14日
1995年度全国大会・ ぎふ長良川ハイツ(岐阜県岐阜市)
1996年5月18日
第20回総会・関東学院大学(神奈川県横浜市)
1996年10月19日
1996年度全国大会・和鋼博物館(島根県安来市)
1997年5月10日
第21回総会・千葉県立関宿城博物館(千葉県関宿町)
1997年8月30日
1997年度全国大会・北海道開拓記念館(札幌市)
1998年5月9日
第22回総会・日本大学理工学部船橋校舎(千葉県関宿町)
1998年11月14日
1998年度全国大会・サンレイク草木(群馬県勢多郡東村)
1999年5月15日
第23回総会・ 自転車文化センター(東京都港区)、会長佐藤和雄に交代
1999年11月13日
1999年度全国大会・流通経済大学(茨城県竜ヶ崎市)
2000年5月20日
第24回総会・ 東京都立航空高等専門学校(東京都荒川区)
2000年11月25日
2000年度全国大会・長崎ウエスレヤン短期大学(長崎県諫早市)
2001年5月12日
第25回総会・東京大学山上会館(東京都文京区)、会長小山徹に交代
2001年10月27日
2001年度全国大会・山形大学工学部(山形県米沢市)   
2002年5月17日
第26回総会・ 多摩美術大学八王子校舎(東京都八王子市)
2002年11月16日
2002年度全国大会・静岡文化芸術大学(静岡県浜松市)
2003年5月10日
第27回総会・日本工業大学(埼玉県南埼玉郡宮代町)      
2003年10月26日
2003年度全国大会・キャンパスプラザ京都(京都市)
2004年5月15日
第28回総会・船の科学館(東京都品川区)
2004年11月11日
2004年度全国大会・加悦町・元気館(京都府与謝郡加悦町)
2005年5月15日
第29回総会・東京都立航空工業高等専門学校(東京都荒川区)、会長川上顕治カに交代
2006年5月28日
第30回総会・浦賀行政センター(神奈川県横須賀市)
2006年11月11日
2006年度全国大会・須坂市シルキーホール(長野県須坂市)
2007年5月12日
第31回総会・川崎産業振興会館(神奈川県川崎市)、会長玉川寛治に交代
2007年11月10日
2007年度全国大会・九州国際大学(福岡県北九州市)
2008年5月11日
第32回総会・ 法政大学市ヶ谷キャンパス(東京都千代田区)
2008年10月5日
2008年度全国大会・ 八幡平市田頭コミュニティセンター(岩手県八幡平市)
2009年5月16日
第33回総会・高崎経済大学(群馬県高崎市)      
2009年11月7日
2009年度全国大会・岡山県立津山高等学校(岡山県津山市)
2010年5月15日
第34回総会・日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区)
2010年10月9日
2010年度全国大会・酪農学園大学(北海道江別市)
2011年5月21日
第35回総会・東京都立産業技術高等専門学校(東京都荒川区) 、会長伊東孝に交代
2011年11月19日
2011年度全国大会・熊本学園大学(熊本県熊本市)
2012年5月19日
第36回総会・日本大学駿河台校舎(東京都千代田区)
2012年10月7日
2012年度全国大会・新居浜ウイメンズプラザ(愛媛県新居浜市)
2012年5月11日
第37回総会・東京海洋大学越中島キャンパス(東京都港区)
2013年10月12日
2013年度全国大会・富山県民会館(富山県富山市)
2014年5月10日
第38回総会・千葉県立現代産業科学館(千葉県市川市)
2014年11月15日
2014年度全国大会・ 就実大学(岡山市中区)
2015年5月23日
第39回総会・東京農工大学科学博物館(東京都小金井市)
2015年10月24日
2015年度全国大会・柏崎市立図書館(新潟県柏崎市)
2016年5月21日
第40回総会・横浜みなと博物館日本丸訓練センター(横浜市)
2016年11月5日
2016年度全国大会・ 大手前大学さくら夙川キャンパス(兵庫県西宮市)
2017年5月20日
第41回総会・やしお生涯楽習館(埼玉県八潮市)
2017年10月28日
2017年度全国大会・トヨタ産業技術記念館(名古屋市)
2018年5月26日
第42回総会・足尾公民館(栃木県日光市) 、会長天野武弘に交代
2018年11月11日
2018年度全国大会・石見銀山世界遺産センター(島根県大田市)
2019年5月31日
第43回総会・八王子市学園都市センター(東京都八王子市)
2019年11月9日
2019年度全国大会・なかまハーモニーホール(福岡県中間市)
総会・全国大会
総会は春の時期に首都圏・関西・中部圏、全国大会は秋の時期に全国各地で開催するスケジュールとなっています。

バナースペース

産業遺産学会
(旧称:産業考古学会)

〒104-0033
東京都中央区新川2-22-4
株式会社共立 気付

・TEL:03-3551-9891
・FAX:03-3553-2047