本文へスキップ

産業考古学会は産業遺産(産業に関わる建築・土木・機械類など)に基づいて、それらに携わった人びとや技術文化を実証的に調査・研究する学会です。

TEL. 03-3835-2476

〒113-0034 東京都文京区湯島1-12-5 小安ビル6階 プラス・ワン気付

会報・ニューズレターSERVICE&PRODUCTS

会報『産業考古学』

産業考古学

「産業考古学」

1977年以来、発行されている産業考古学会の学会誌です。
2015年からは英文要旨付き年一回の年報制となり、査読審査がより厳格化されました。


『産業考古学』学会誌154号の原稿募集(短文)

 原稿締切 短信などの短文:2017年2月15日  下記年報用のテンプレートをお使いください。

投稿規定はこちら   過去の論文タイトル一覧は、こちらです。

お問合せ・原稿送付先:小坂編集委員長のメール(mill.kosakaAjcom.zaq.ne.jp)宛てに投稿またはFAX(042-524-9229)してください。
(メールをお送りする際は、「A」の部分を「@」に置き換えて下さい。)

1週間以内に、原稿受理の連絡をします。 掲載料:図表を入れて10頁(A4版で1頁22字×43行× 2段)まで1万円、1頁増えるごとに2千円追加。 (査読後、掲載可になった場合に納めて頂きます)

投稿用テンプレートはこちら【ニューズレター用 年報用
(注:いずれもms_wordファイル(.docx))

ニューズレター・研究発表講演論文集など

ニューズレター

2014年度から、いままでの年4回の学会誌発行体制を、A4 版の英文要旨付き「論文集」年一回(『年報』)と「ニューズレター」年3回の発行にすることにしました。改定の大きな理由は、国際化に対応することや学会誌の社会的評価を高めることにあります。(中略)「学会動向」「資料紹介」「短信」「寄贈本リストと紹介」「お知らせ」などで構成されるニューズレターは、会員へのサービスに重点があります。『年報』をふくむ年4回の発行では間に合わない分科会や講演会・研究会などの情報は、HP で紹介します。ネット時代におけるHP の強化を図るためHP 担当理事も設けました。ニューズレターとHP とはワン・セットで機能するようにしたいと思います。(ニューズレター第1号より、一部改変)
第10号締切:2017年5月20日(発行予定:2017年6月20日)
宛先:小坂編集委員長のメール(mill.kosakaAjcom.zaq.ne.jp)宛てに投稿してください。
(メールをお送りする際は、「A」の部分を「@」に置き換えて下さい。)
短信や保存問題、参加報告は23 字×51 行、本の 紹介は23 字×25 行(字数厳守)。
投稿が多数の場合は編集で一部削除したり、 次号や年報に回したりすることもあります。


総会及び全国大会の研究発表講演論文集

年次総会及び全国大会の研究発表講演集が毎回発行されています。

当日参加料の一部に含まれているほか、バックナンバーの頒布も行っています。詳しくは「バックナンバーについて」をご参照ください。


バックナンバーについて

合本・バックナンバーについて(会員はそれぞれ二割引となります)
1.『産業考古学』合本 

頒価(送料込)
第1号(1977年2月)〜 第30号(1983年12月)20000円
第31号(1984年3月)〜 第51号(1989年6月)20000円
第52号(1989年10月)〜 第80号(1996年5月)20000円
第81号(1996年8月)〜 第100号(2001年6月)15000円
第101号(2001年9月)〜第120号(2006年7月)20000円

2.『産業考古学』バックナンバー

頒価(送料込)
第1号〜第151号各一部1500円
152号〜  各一部3600円
初期の学会誌のうち、1〜15号は在庫希少のためコピーでの頒布となります、ご了承ください。


3.ニューズレター

バックナンバー頒価400円  注文単位:1部

     

4.総会及び全国大会の研究発表講演論文集

バックナンバーには品切れのものもありますので、ご注意ください。

頒価:各1部2000円(送料込)  注文単位:1冊単位


バナースペース

産業考古学会

〒113-0034
東京都文京区湯島1-12-5 小安ビル6階 プラス・ワン気付

TEL 03-3835-2476
FAX 03-3835-2476